婚姻関係にない男女の間に生まれた子の相続分について

嫡出子と嫡出でない子との間の法定相続分は、同じであり、そこに差を設けることは憲法に違反するとの判断がされました。

平成25年12月5日に民法の一部を改正する法律が成立し、
嫡出でない子、(法律上の婚姻関係にない男女の間に生まれた子)の相続分が
嫡出子(法律上の婚姻関係にある男女の間に生まれた子)の相続分と同じになりました。
“婚姻関係にない男女の間に生まれた子の相続分について” の詳細は »

相続の手続きには必ず戸籍が必要です。

相続手続きには、故人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本が必要ですが、これがなかなか面倒です。

人が亡くなると、その人の財産すべてについて相続手続きが必要になります。
“相続の手続きには必ず戸籍が必要です。” の詳細は »

相続の手続きはどういうところに相談すればいいのでしょうか

相続について意外といろんなところで相談会は行われています

市役所等での無料相談をはじめとして、
日本中で相続の相談ができるところはいろいろあります。
“相続の手続きはどういうところに相談すればいいのでしょうか” の詳細は »

贈与と相続どちらが得なのかを計算しよう

今後かかりそうである、かかってしまうと言う人は生前贈与を活用するといいでしょう。

将来の相続税のことを心配して、自分の子供や配偶者へ
また、孫へ少しでもお金を残してあげたい…と思うがあまり
せいぜい贈与を行っている人も多いのではないでしょうか?
“贈与と相続どちらが得なのかを計算しよう” の詳細は »

相続を放棄したときの税の課せられ方

相続放棄をしても、他の相続人が納付すべき相続税の総額は原則として変化しません。

相続放棄をしても、他の相続人が納付すべき相続税の総額は原則として変化しません。

相続放棄をすることで、租税回避させたり、放棄を誘発させることを防ぐためです。
相続放棄によって法定相続人の数は変化しないこととされています。
“相続を放棄したときの税の課せられ方” の詳細は »

 

相続の一般的効力を条文から検討する

相続による権利の承継が包括承継であることを規定しています。

相続による権利の承継が包括承継であることを規定しています。

第八百九十六条 相続人は、相続開始の時から、
被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。
“相続の一般的効力を条文から検討する” の詳細は »

どんな手続きが必要なの?土地と家屋の相続

まず土地家屋に関する不動産手続きで必要なプロセスを見ていきましょう

まず土地家屋に関する不動産手続きで必要な
プロセスを見ていきましょう。

★相続による所有権移転登記
“どんな手続きが必要なの?土地と家屋の相続” の詳細は »

 

相続のときに遺産分割協議の定義がポイントだ

その人に子や孫などの代襲者がいなければ、その人抜きで相続分割協議をすすめることができます。

法律的には相続人全員が揃わなければ遺産分割協議
をおこなうことができないのです。

相続人全員の同意がなければ遺産を分割することもできません。
“相続のときに遺産分割協議の定義がポイントだ” の詳細は »

公平が重要とされている相続の分け方

遺言のないケースでは法定相続分で分けられます。相続分は民法で定められております。

遺言のないケースでは法定相続分で分けることができます。被相続人が子も親も兄弟もいない人で配偶者だけだったり、子供だけが残っている場合にはあまり問題になりませんが、
相続人が複数いる場合には相続の分け方が問題になります。
“公平が重要とされている相続の分け方” の詳細は »

 

養子にも血のつながった子と同じ相続権がある

相続人になる子には実子のほか、養子も含みます。養子は血のつながりはないですが実子と同じ身分です。

相続人になる子には実子のほか、養子も含まれています。
養子は血のつながりはないですが養子縁組の届け出により
実子と同じ身分になります。
“養子にも血のつながった子と同じ相続権がある” の詳細は »

 
« 過去の記事